キャッシュレス

キャッシュレスの種類は?主要5つを紹介!【まとめ】

キャッシュレス 種類

キャッシュレスと聞いて何を想像するでしょう?

クレジットカード、suica Edy色々思い浮かびますよね

キャッシュレス決済だと現金を持たなくていいので、会計スピードが早くなる、ポイント還元があるなどのメリットがあります

さらに消費税増税にともなう景気の落ち込みを防ぐために、政府はキャッシュレス決済でポイントを還元する制度を導入しようとしています

しかしキャッシュレスの種類はとても多く、ひとつひとつ特徴を調べるのは超大変です

そこでこのページでは誰でも分かりやすいように、

  • キャッシュレスとは何か?
  • キャッシュレスの種類-主要5つ

この2点について紹介していきます

ぜひ参考にしてください




キャッシュレスとは何か?

キャッシュレスとはその名の通り、現金を使わない取引のこと

私たちは普段1,000円札や100円玉などの紙幣、硬貨を使って買い物をしますよね

しかしEdyカードやクレジットカード、suicaで支払いを済ませるという方もいるのでは?

私たちはあまり意識していないだけで、キャッシュレス決済を利用しているんですね

キャッシュレスの種類5つ!

クレジットカード

もっとも身近なキャッシュレス決済の方法の一つクレジットカード

高額決済も可能で、ネット通販、実店舗でも使えます

メリットは利用に応じてポイントが貯まる、優待サービスが受けられる、不正利用の保証が付いていること

デメリットは審査が必要な事、カードによっては年会費が必要な事、不正利用されるリスクがあることです

 

おすすめは年会費無料で作りやすい、期間固定Tポイントが貰えるYahoo! JAPANのクレジットカード

このあと紹介するpaypayの引き落とし方法にYahoo! JAPANカードを選べば最大で19%がの金額が還元されます

Tカード一体型なのでTポイントも貯まります!

\年会費永年無料/

Yahoo! JAPANカードの詳細を見る≫


電子マネー

前払い方式の電子マネー

前払い方式のメリットはお金を使い過ぎずに済むこと、万が一落としても入金された金額のみ損をすることです

デメリットはチャージが面倒くさい、一度入金したら払い戻しができないことです

よく普段使いされているのがSuica、イオンのWAON,楽天のEdyカード、スターバックスカードですね

キャッシュレスと聞くとピンとこないかもしれませんが、皆さんが使っているSuicaやEdyカードもその一種なんです

中には楽天EdyやWAONのようにポイントが貯まる電子マネーもあります

スーパーやコンビニでも使用できるので、初めてキャッシュレスに挑戦したい、お金の管理に自信が無い方におすすめのキャッシュレス決済です

プリペイドカード

プリペイドカードは事前にお金を入金してから使う前払い方式のカードです

コンビニで購入できるAppleカード、Googleカード、クオカード、バンドルカード、auウォレットもプイペイドカードの一種です

メリットはAppleカード、Googleカードの場合は買い切りであること、バンドルカード、auウォレットの場合はアプリやネットを使っていつでもチャージできることです

デメリットは前払い式なので一度入金したら払い戻しができないことです

アプリで簡単1分で発行できるvisaプリペイドカードの「バンドルカード」については『バンドルカードとは?アプリの使い方、メリットを紹介!【まとめ】』のページで紹介しています

バンドルカードなら入会審査なし、無料でvisa加盟店で加盟店で使えるカードが作成できます

バンドルカードとは?アプリの使い方、メリットを紹介!【まとめ】 「クレジットカードが欲しいけれど、学生なので作れない…」 「バーチャルカード、プリペイドカードに興味がある」 そんな方のため...

デビットカード

デビットカードは支払うと即時銀行口座から引き落としされるカードです

メリットは即時引き落としなのでお金の使い過ぎを防げる、誰でも発行できること

デメリットは落とした時心配なことです

テレビCMでよく「visaデビット~」と耳にしますが、それほど普及していないのが現状です

デビットカードには主に2種類があり、「VISAデビットカード」「JCBデビットカード」があります

QRコード決済

アプリに表示されたQRコードをレジで読み取って決済するQRコード決済

QRコードはそれぞれのアプリに表示されます
アプリは銀行口座、クレジットカード、携帯決済と紐づけされ、そこから引き落とされる仕組みです

コンビニなどで現金チャージもできます

メリットは誰でも利用できること、ポイントが貯まる(還元)されること
デメリットは使えるお店が多くない事です

外国人観光客の急増に伴い、日本でも次々といろんなQRコード決済が出てきています

  • paypay
  • 楽天pay
  • LINE pay
  • ゆうちょペイ
  • ファミペイ
  • ローソンペイ
  • origami pay
  • d払いなどなど

paypayは100億キャンペーンなどをやっていましたね

その他コンビニでも独自のQRコード決済を始めました

といっても楽天payやpaypayなどはファミマ、ローソン、セブンイレブンでも使えます

ファミマではファミペイしか使えない…なんてことはありません

現時点で使いやすいのはpaypya、LINE payです

paypayはアプリの操作画面がシンプルで分かりやすいです
LINE payはLINEで個人送金が出来るので、飲み会で割り勘をする、遠くの人にお金をあげるときなどに便利です

 

paypyaに関しては実際に使ってみたので『PayPayの使い方、使えるお店、還元キャンペーンについて【ファミマで使ってみた】』のページをチェックしてください

始めはちゃんと使えるのかドキドキでしたが、コンビニ店員も慣れているのかスムーズに利用できました

PayPayの使い方、使えるお店、還元キャンペーンについて【ファミマで使ってみた】 いま話題沸騰中の新しいスマホ決済サービス「PayPay] 今ならPayPayで支払ったら,20%を還元してくれるキャンペー...

まとめ

キャッシュレス決済の種類について紹介しました

実店舗でのQRコード決済の利用はこれからさらに増えていきそうです

サービスによってはpaypayのように還元キャンペーンを行っているので、お得にお買い物をしたい方は今のうちにチェックしておいた方がいいでしょう