就活・アルバイト

現役大学生がおすすめする逆求人型サイト4つ!実例写真つきで紹介

こんにちは、ブロガーのキシマです。

現在大学4年生。

フリーランスとして生きるため、就活は終了しました。

そんな私ですが、就活をしていたときは逆求人型サイトを活用していました。

実績としては最終面接まで行きました。

そこでこのページではおすすめの逆求人型サイトを4つ紹介します!

これから就活を始める方、すでに就活中の方は参考にしてください

逆求人型就活サイトってなに??



逆求人型就活サイトとは、登録すると企業から直接オファーが来るというサービスサイトです。

新しい就活方法として学生の間では話題になっていますが、逆求人型サイトの利用を推奨する大学はまだ少ないのではないでしょうか?

 

大規模な説明会に参加せずとも、内定がゲットができます。人事担当者から直接話が聞きたい!とお願いされるなんてまるで夢のようですが、もちろんそうは上手くはいきません。

 情報登録やPR文をきちんと記入しないと、オファーは来ません。

またサイト登録者のPRを見ずに手あたり次第説明会の情報を送り付ける会社もあります。そういったブラック集のする企業は無視をして、賢くサイトを使用しましょう。

おすすめ逆求人型サイト4つ

有名どころと、私が登録したサイトについて使い勝手含め紹介します。

 

1.ニクリーチ

f:id:kishimakishima:20180313161747j:plain

「面白い就活サービスないかな…」 「ご飯を食べながら軽い感じで社会人とお話ししたい…」 「人の金で焼肉が食べたい…」

そんな人におすすめなサイトがニクリーチです。

運営元はCMで話題の株式会社ビズリーチなので安心して使用できる就活サイトです。

企業の方にお肉をおごって貰って、しかも会社の話ができる!を売りにしています。

 

登録学生は5万人。導入企業は128社。総マッチング数は10908件です。

ネットで調べると、ニクリーチでご飯行って来た!という記事が上がっていますが、すごいと思います。

私は登録しましたが、一度も何もありません。PR文を変更したり努力をすれば誘われる可能性があがるかもしれませんが、現状それをする意思はありません。

 

ご飯代が浮く!とニクリーチを進める人もいますが、移動費や時間を失ってまでご飯を食べる価値があるか吟味したほうがいいと思います。

スカウトが届かなくても、お肉を食べれるイベントを開催するため、誰でもお肉をゲットできるチャンスがある!

とあるように、真面目に就活したい!と言うより、肉食べたいって人向けの逆求人型サイトですね。
実際に驕って貰った人のブログを見ると、私服だったりとそんなノリのサイトです。

まあでも登録しておいて損はないかなと言った感じです。



肉リーチの公式サイトを見る

 

2.キミスカ

f:id:kishimakishima:20180313162921p:plain

株式会社グローアップが運営するサイト、キミスカ

就活のコラムやアドバイスの記事も掲載されており、マイナビ・リクナビと同じく見るだけでも学ぶことが多いです。

一番声をかけてくれる会社が多い、声をかけてもらいやすいのがキミスカ です。

 

3月から登録して現在10社からサイトにメールが届いています。
ただ中には私の書いたPRを読まずに手あたり次第、説明会情報を送りつけている会社もあります。よほど人が足りないんだろうなあ。

 

メール文に「あなたのPR文のここにひかれました!」と書いてある企業もあるので、スカウト文はしっかり読んでおきましょう。

私はキミスカ で3つほど説明会を予約し、話を聞いてきました。

説明会に関してはリクナビ等で募集しているものと内容は変わりませんでした。



 実際の画面

f:id:kishimakishima:20180313164207p:plain

このようにメールスカウトが届きます。いいなと思う企業があったら、メールを返します。

自分に合わないようでしたら辞退もできますよ。

キミスカのサイトを見る

 

3.ジョブラス新卒

f:id:kishimakishima:20180313170023p:plain

 

就活生の4人に1人が登録している!と謳っている、株式会社アイデムが運営しているのがJOBRASS新卒です。

オススメするとしたらこのサイトですね。

 

求人広告が運営している就活サイトなのでコンテンツが豊富!

セミナーやイベントも開催しており、登録した人だけが受けられる面談も行われています。しかも無料です。

そのおかげで企業の登録社数も多く、また学生から企業にアピールすこともできます。

オファーは二つのランクがありますが、どれも説明会に参加しませんかというものです。
しかしJOBRASS新卒だけの特典があります。
説明会に参加すると、企業からサービス券をもらえたりします。

 

声をかけていただいた会社は10社くらいでしょうか。

でもその半分がPR文を読んでいなかったりするので、私はその手のは辞退しちゃいます。

唯一いいなと思ったのはガス会社のグループ企業でした。
かなり大手でホワイトの企業だったので、説明会に行き、その後最終面接まで行くことができました。

メンタル面が弱い部分をつっこまれ、内定は貰えませんでしたが、ホワイト企業から声をかけて貰えるのは大きなポイントですね!

 
JOBRASS新卒のサイトを見る

 

4.オファーボックス

f:id:kishimakishima:20180313170202p:plain

 

適正検査に力を入れている、大手の企業も参画しているのがこのOfferBoxです。過去の経験やPR文を企業は重視しているようです。

 私は3件の気になるメールが届き、オファーが1件だけ届きました。

 

3月13日にそのオファーをくれた企業の説明会に行ってきました。丸の内にある、女性の多い、一部上場している企業です。

しっかりとした説明会に参加するのはの初めてで、案の定めちゃくちゃ緊張しました。しかも女性8人しかおらず…。

 

中々激務で人材不足の会社ぽかったですが、これも何かの縁なのでエントリーシートは出しておこうかなと思います。

こういった出会いがあるのが、オファー型・逆求人型就活サイトですね。

オススメサイト:就活生が感じるリアルな就活情報【就活ノート】

 

OfferBox公式サイトを見る

 

プロフィールの登録方法とポイント!

f:id:kishimakishima:20180309160057p:plain

まずはオファー型就活サイトに上記のような情報を入力していきます。

  • 名前
  • 大学名、学科名、卒業年月日
  • 部活動、サークル等
  • 資格情報
  • 希望の職種や、勤務地

その後、サイト内で適正検査を受けたり、PR文を入力していきます。

プロフィール写真はスーツじゃなくても大丈夫、というサイトが多いです。

あなたの大学やバイト先での活動状況が分かる写真でOK。

私はゼミ発表時に撮影した写真を登録しました。服装はシャツ、ジャケットです。

履歴書とは違い、あまり重苦しく考えずに記入して大丈夫です。動画ものせていいよーというサイトもあります。

PR文の文章が分からないと言う方向けに、自己紹介テンプレートが掲載されているのでそれを参考にしましょう。

逆求人型サイトを活用してみた感想

就活生なら全て登録しておくべし!

マイナビ、リクナビはもちろん、逆求人型サイトも登録しておいて損はありません。

むしろ可能性の幅を広げるために、上記で紹介したサイトは全て登録しておいた方がいいでしょう。

全て無料のサイトなのでお金がかかることはありません!

面倒くさいからと動かずにいると、後々後悔するので、出来ることは出来る内にやっておきましょう!

また就活ノートなどの通過ES実例が見れるサイトも積極的に利用してくださいね