マンガ

平野耕太のおすすめ漫画4作品を紹介!無料で読む方法は?

 

こんにちはキシマです。

今回はTwitterでの発言がなにかと話題の漫画家、平野耕太のおすすめ漫画作品を4つ紹介します!(連載中・完結済み含む)

無料で読む方法(お試し読みができるサイト)も紹介していますよ。




HELLSING

f:id:kishimakishima:20180313220510j:plain

「HELLSING」 単行本全10巻

完結済20世紀末のイギリスを舞台としたバトルアクション漫画。

大英帝国の王立国教騎士団、通称「ヘルシング機関」と、これに所属するインテグラ、アーカード、セラスの3人を主軸に展開する吸血鬼と吸血鬼ハンターとの戦いを描く。

アニメ化OVA化され、特にOVAは完成度が高い。主人公のアーカードは田中譲治、ライバルの牧師は若本規夫が声を演じる。

平野耕太といえばこのマンガ!

彼の代表作であるHELLSINGはヒラコー節と呼ばれる、彼独特の言い回しが沢山あって、それがかっこいいです。

ポージング、擬音もヒラコーならでは。

 

物語も巻がすすむと「まさか?!なんで!?」という展開になり、最後までドキドキしながら楽しめます。

 

ナチスの組織も登場するのですが、それがまあまあ過激で、各方面から規制の声があがりました。しかし漫画やOVAは外国でも販売され、国内問わず人気のマンガとなりました。

とにかくおすすめの青年マンガです!

 

電子書籍で読むならまんが王国がおすすめです。ポイント制なので紙の本を買うよりお安いです。今なら1巻を無料でお試し読みできます!

 

 まんが王国

 

ドリフターズ

「ドリフターズ」5巻(未完)

現在連載中の歴史ファンタジー漫画。2016年アニメ化。

西暦1600年、関ヶ原の戦いの最中、謎の存在「紫」の手により島津の退き口から、エルフやオークのいる異世界に召喚された島津豊久は、同様に流れ付いた織田信長や那須与一と出会う。

一方、北方の地では「EASY」の送り込む召喚者達「廃棄物(エンズ)」が黒王を頂点とし、「人ならざる者」の軍勢をもって人類を絶滅させるべく進軍を開始していた…。

 

異世界歴史ファンタジー漫画ということで、日本史、世界史好きの方がはまり大人気となりました。
アニメは血の描写が激し目ですが、マンガはそんなことありません。

 

もし織田信長とジャンヌダルクが出会ったら、島津豊久と土方歳三が出会ったら。
そういった妄想が好きな方は絶対に楽しめるマンガです!

 

薄っぺらい設定の偉人は出て来ません。ヒラコーは歴史オタクなので、登場キャラクターの能力や過去は歴史に(一応)忠実なものとなっています。

 

むしろ歴史に詳しくないと楽しめない小ネタがたっぷりです!

登場人物(島津豊久、那須与一、織田信長、ラブプーチン、土方歳三、ジャンヌダルク、ジルドレ、明智光秀、安倍晴明、サンジェルミ伯、菅野直、ハンニバルバルカetc…)

 

 

 

以下略

 

「以下略」全1巻

ゲーム漫画ゲーマがにて連載されたマンガ。

ゲームショップで働くヒラノ、ヤブ、ジャージが漫画、ゲーム、アニメについて好き勝手に語りまくる!

異色のゲーム漫画です。

ヒラコーの好きなメガネっ娘(巨乳)も登場します。

メタルギアがどうだとか、ギレンの野望がどうだとか、ムスカ大佐がどうだとか、そんな話しかしませんが、それが楽しい!

馬鹿ヤロー解散だ、ほとんど病気、といった懐かしい言葉や時事ネタも登場します。

落ちも何もなくノリで描きました!といった感じが気楽に読めます。そのゲームやアニメを知らなくてもノリで楽しめます。

 

私はこの漫画のせいで戦略シミュレーションゲームhoiにハマってしまいました…。

全体的にガンダムネタとFPS,ホラーゲームネタが多いですかね。あとアカギ。

 

 

 

進め!聖学電脳研究部

 

「進め!聖学電脳研究部」全1巻

聖学園高校電脳研究部は激しくゲームる体育会系。月月火水木金金16連射の大特訓でドブスやツッパリを粉砕粉砕大粉砕!

これが平野耕太の裏代表作だ!

 

以下略より前の作品で、より好き勝手に書いています。

売り物としてのマンガというより、ヒラコーが楽しくて書いたようなマンガです。

もうついていけないです…。

あまりにも過激なネタをやり過ぎた為に編集が庇いきれなくなった、という逸話があるとか。

 

 

まとめ

以上がヒラコーのマンガ4作品の紹介でした。

これ以外の作品となるとエロ同人誌しかありません。

気になった方はぜひ電子書籍 まんが王国で試し読みしてください。

ヒラコーの世界に一度はまると抜け出せませんよ~。

 

>>マンガ「ハダカメラ」エロいけど面白い!あらすじ、感想、ネタバレ。