マンガ

鬱マンガ「なるたる」試験管のいじめ、のりおの死!画像付きあらすじ、感想

「なるたる」 著:鬼頭莫宏 出版:講談社(月刊アフタヌーン)

 

鬱マンガの中では断トツに大好きなマンガです。トラウマになるようなシーンが沢山あって吐きそうになります。

読んだ後は気分が落ち込んで、やるせなくなります。

そういった気分になりたい人にはおすすめですが、楽しい気分でいたい人は読まない方がいいです。

 

ちなみに「なるたる」とは、骸なる星 珠たる子(むくろなるほし たまたるこ)の意味です。

記事本文には画像も掲載しているので、読む方は注意してください。

また無料で40ページ分試し読みする方法も載せています。

 

ライトな鬱マンガが読みたい方は『鬱マンガ「ちーちゃんはちょっと足りない」心臓を抉られる物語。あらすじ、感想、考察』がおすすめです。





目次

 

なるたるのあらすじ

 ひろこちゃんとアキラちゃん

f:id:kishimakishima:20180311020521j:plain

小学6年生の玉依シイナは小学校最後の夏休みに祖父母の住む島に行き、海で溺れかけたところを星の形をした変わった生き物『ホシ丸』に助けられる。

ホシ丸は少年少女の意識とリンクし、変幻自在の能力を発揮する「竜の子」の一体であった。

 

またシイナの友人であるアキラちゃんも『エンソフ』という竜の子とリンクする。アキラちゃんは多感症で、女性や父にでさえ感じてしまう一面を持つ。

 

精神的に不安定でもあるアキラちゃんはやがて世界を破壊へと導く須藤直角(すどうなおずみ)に捕まって、彼の思想に影響されてしまう。

 

そんな折、主人公シイナの同級生ひろこちゃんが壮絶ないじめにあってしまう。

ひろこちゃんは両親が厳しく、自由に生きられず、苦しい思いを抱えている。そんなひろこちゃんに対するいじめで最もひどいのが、試験管を膣に入れ腹を蹴っ飛ばすというものである。いじめの首謀者は同級生の女の子だ。

ちなみに彼女たちはまだ小学六年生である。

 

実際は腹を蹴る真似だけで済んだが、ひろこちゃんはミミズを飲まされたりもする。

 

f:id:kishimakishima:20180311020637j:plain

 

両親は虐めに気づかない。それどころか最近成績が悪いのはシイナという自由奔放な同級生のせいだと考え、ひろこちゃんとシイナを引き離してしまう。

 

絶望にさいなまれたひろこちゃんは竜の子とリンクし、両親を殺害。いじめていた女の子たちも殺してしまう。

 

そしてひろこちゃんは竜の子を虐めの首謀者宅へ送り込む。虐めグループのリーダーの女の子はその兄とセックスをしていたのだが、ひろこはちゃんはお構いなしに、竜の子の爪を彼女の中に入れ、腹から付き出させる。最後には身体を二つに切り裂いた。

 

次の日、学校ではいじめの首謀者とその仲間が殺されたと知り、他の虐めっ子たちも怯えはじめるが、異変に気付いたシイナがひろこちゃんを止めようとする。

だがひろこちゃんはシイナの父親を人質に取り、シイナの為と言って父親を殺そうとする。シイナは我慢できず、ひろこちゃんの首を締めるが、殺せず、しかしシイナの竜の子ホシ丸がひろこちゃんを殺してしまう。

 

同じ時間。

 

シイナの友人アキラちゃんが自身の父親を殺してしまっていた。

アキラちゃんはその後施設送りになってしまう。

 

ホシ丸と鶴丸

 

事件の後、シイナは猛勉強し有名女子私立中学に入学する。

 

そしてシイナは鶴丸と名乗る高校生と急速に接近する。彼は子供を作るのが趣味のような男で、色んな女性と関係を持っている。子供の認知はするしお金は払うというスタンスだ。

(女になんで妊娠が発覚したのにそんなに冷静なのと言われると、彼は「子供作るような行為しといて、子供が出来たらびびるっておかしくない?」と返す。)

 

そんな鶴丸の親友が女のように美しい、古賀のり夫である。彼は鶴丸が好きで、鶴丸もそのことを知っているが二人は親友のまま共に暮らしている。

古賀のり夫の竜の子の名前は『ヴァギナデンタータ』意味は歯の生えた膣だ。

 

彼らとシイナは急速に仲良くなる。お泊りをしたり、ご飯を食べたりしているうちに、シイナは鶴丸にひかれていく。

 

その裏では、父親殺しで施設に入れられたアキラちゃんが、世界破壊を目論む須藤直角にまたも連れていかれてしまった。

 

しかも直角、竜の子を政治利用できるといって日本政府にコンタクトを取っていたのだ。

 

政府は竜の子で他国を出し抜けると考えていたが、直角の本当の目的はシイナと、もう一人の特別な力を持つ涅見子(くりまみこ)に世界を再構成させることだった。

 

のり夫、死ぬ

 

やくざの組織に喧嘩を売った鶴丸のせいで、古賀のり夫はやくざたちの報復に合う。のり夫は男にナイフで刺されながら身体を犯され、気絶しても興奮剤で意識を無理やり戻され、さらに犯される。

そして最後、のり夫は首を切断され、その頭部を以下のような形で飾られる。

 

f:id:kishimakishima:20180311021150j:plain

 

終焉

 

世界は須藤直角のせいで、混沌を極めていた。

日本には核が落とされる。さらに直角は富士山にも核を落とすと計画する。

 

シイナは鶴丸、そして自分の父親と一緒に直角を止めようと努力するが、戦いの最中、大好きだった父が死亡する。

最終決戦の地に居たアキラちゃんも負傷。

首謀者と思われた直角も死亡するが、世界の滅亡は止まらない。

 

地球そのものを竜の子とする、涅見子が巨大な手を地表に生やして、陸地もなにもかもめちゃくちゃに破壊する。

その後、生き残った人々はなんとか世界を再建しようと頑張る。

シイナは核の影響で死にかけている鶴丸とセックスをし、つかの間の幸福を味わう。

 

彼女はわだかまりが解けた母親とも仲良くなるが、母親はシイナを全ての元凶と考える人間たちに殺される

また鶴丸も、シイナを恨む者たちによって殺される。

病院で治療を受けていたアキラちゃんも同様だ。

 

すべてに絶望したシイナはお腹に鶴丸の子を宿して、地球を巨大な手で薙ぎ払ってしまう。

 

最後、世界にはシイナと涅見子だけが残る。

シイナは鶴丸との子を、涅見子はヤクザにレイプされその時身ごもった子供を産み、その二人の子供が何もない地球でキスをして物語は終わる。

 

f:id:kishimakishima:20180311021530p:plain

なるたるの感想

重い!!そしてバッドエンド!!

 

あらすじを読んでくださった方は分かると思いますが、めちゃくちゃ内容が重いです。それも最後は無に還るエンディングなので、頭の中は「??」だらけです。

竜の子ってなに。どうしてこんな展開になったのと。

考察の余地は沢山あるのですが、ここでは伏せておきます。

うまく書ける自信がありません。

 

しかしテーマは再建かなと、私は考えています。

シイナと涅見子が壊し、彼女たちの子供が世界を作り変える。

それらの存在が子供であるという点も重要な気がします。

 

しかしそこには、子供は未来を創る大切な存在!といった思想はありません。

もっと重く、苦しい意味が籠っている気がするのです。

 

本作には沢山の子供が登場します。

アキラちゃん、須藤直角、鶴丸ものり夫も子供です。

それなのに殺し合ったり、近親相姦したり、ミミズを飲ませるいじめを行うんですよね。それがめちゃくちゃえぐい。

 

血の表現も多いし、精神的に来るグロさがたっぷり詰まっているので、ほんと読んでると気分が悪くなります。

 

特に試験管を膣に入れようとするシーンと、のり夫が豚食いと呼ばれる太った男に犯され殺されるシーンはきついです。グロイです。絵がグロイと言うより、その状況がぐろい。

膣に尖った化け物の爪を入れ、身体を引き裂いたり、もう控えめに言って作者やばい。

なんでもこれを書いていた当時、作者の鬼頭莫宏は心をちょっと病んでいたそうで。

その影響がマンガに出たそうです。

 

そりゃそうだよ。こんなの読んだら心が病まなきゃ描けないよ。この漫画が好きだって言う人もほんと最悪なくらい心病んでると思います。

 

わたしは頭がおかしいと遠回しに言ってるんじゃなくて、ほんとに「なるたる」が好きな人でまともな人はいないと思います。

陰鬱で、どこまでも救いがない、精神を病んでしまうマンガ「なるたる」を愛読するより、ワンピースやナルトを愛読する人の方が、人としては正常だと思います。

なんでも本作はトラウママンガとしても有名なようでして、確かにトラウマになるようなシーンが沢山あるんですよね。

 

多感な10代のうちに読めば気分が悪くなること間違いなしです。

 特に女の子は読まない方がいいでしょう。

 

それでも、「なるたる」に心惹かれる人は沢山いるんですよね。それほどまでに病んでいる人が多いってことなんでしょうけど。

鬼頭莫宏の代表作「ぼくらの」も鬱マンガと呼ばれますが、あれはあれで救いがあって泣けて、胸に響く良いマンガなので、「なるたる」とは違います。

ほんと、「なるたる」は絶望と鬱を煮詰めて煮詰めて、濃くしたような漫画です。

何度も言いますが、万人にはおすすめしません。

読むも読まないも自己責任でお願いしますよ!

 

このキャラが好き!

f:id:kishimakishima:20180311021910j:plain

鬱展開なマンガですが、めちゃくちゃ大好きなキャラクターがいるんですよ。

宮子巽(みやこたつみ)って言うんですけどね。最後殺されるんですけどね。

いちいち吐く言葉がめっちゃかっこいんですよねえ。

思想はめちゃくちゃ政治的です。他国を出し抜こうと日本政府の直下で組織を作り、竜の子を利用しようと企みます。

純粋悪っぽい感じが最高にクールでスマートで、大好きです。

なるたるを無料で試し読み!

 

以前までは紙媒体のコミックが絶版で、中々全巻揃えるのが難しかったのですが、今では電子書籍と新装版コミックでなるたるを読むことができます!!すごい。

 

kindleストアでは40ページ分試し読みできますよ。
(マンガの表紙をクリックする)

kindle端末をもっていなくても、スマホやPCのブラウザで読めるので、まずは試しに読んでみてくださいね!

まとめ

とにかく理不尽に親友や恋人、家族が死ぬ、犯される。

万人にはオススメできませんが、必要な人には必要なマンガです。

「ぼくらの」はアニメもマンガも動画配信サービスU-NEXTで見ることができます。

U-NEXTは見放題動画が8万本と国内最大級の動画配信サービスです
HuluやAmazonプライムビデオよりラインナップが豊富です!

今なら31日間無料お試しキャンペーン中!
3分登録をすればアニメ「ぼくらの」が見放題になりますよ

「ぼくらの」はなるたるより読みやすい、ロボットマンガです。
ただし鬱な内容(妊娠、自殺、子供による殺人)は健在です

めっちゃおもしろいので、なるたるはグロすぎる!という方は「ぼくらの」をおすすめします

\600円分のポイントも貰える!/

無料お試しでぼくらのを見る|U-NEXT