キャッシュレス

バンドルカードとは?アプリの使い方、メリットを紹介!【まとめ】

バンドルカード アプリ

「クレジットカードが欲しいけれど、学生なので作れない…」
「バーチャルカード、プリペイドカードに興味がある」
そんな方のためにこのページでは決済アプリ・バーチャルカードの「バンドルカード」について紹介します!

「バンドルカード」はプリペイド式カードなので、収入がない学生や未成年でも発行することができます。
プリペイド式カードとは事前にお金をチャージして使うカードの事です(Suica,Edyと一緒)

日本もキャッシュレス化が進みこれからはプリペイド方式のカードが使える店舗やサービスも増えていくので、一つくらいは持っておいて損はないですよ

バンドルカードはウェブサイト、アプリで無料で作成できます
アプリは下のリンクから無料ダウンロードできます

バンドルカード:誰でも作れるVisaプリペイドカードアプリ

バンドルカード:誰でも作れるVisaプリペイドカードアプリ

Kanmu, Inc.無料posted withアプリーチ

 

このページで分かること
  • バンドルカードとは?
  • バンドルカードのメリット・デメリット
  • バンドルカードが使えるネットサービス
  • バンドルカード(アプリ)の使い方

バンドルカードとは?

バンドルカードとは、Visa加盟店で利用できるプリペイド式のカードです

クレジットカード違い入会審査がなく、1分ほどで発行することができます
(未成年者は保護者の同意が必要です)

作成に必要なのはアカウントID、生年月日、パスワード、電話番号だけです

ネットサービスの支払いであれば、アプリをDLして登録した瞬間からすぐにチャージして使うこともできます

visa加盟店でも以下の施設では使えません
・ガソリンスタンド(セルフ含む)
・宿泊施設(ホテル・ロッジ)※ホテル内の飲食店も含みます
・公共料金
・定期支払い・定期購買(ニュース配信・受信料)
・保険料の支払い(契約・プレミアム・通販)
・高速道路料金
・機内販売
・特急券 ※暗証番号が必要な加盟店様ではお使いいただけません
・本人認証(3Dセキュア)の必要な加盟店

その他、使えないネットサービスもあります

バンドルカードの5つのメリット

  • 入会審査なし・無料で作れる
  • チャージ方法が豊富
  • 後払いチャージも可能
  • アプリで利用履歴もチェックできる
  • リアルカードも発行できる

1.入会審査なし・無料で作成できる

バンドルカード ホーム画面
バンドルカードは入会審査不要

年収や名前は必要ありません

しかもアプリ上で無料で作成できます

2.チャージ方法が豊富

バンドルカード チャージ画面
バンドルカードにお金を入れる方法はさまざま

以下の6つの方法から選べます

  • コンビニ払い
  • クレジットカード
  • ドコモ・ソフトバンクの携帯支払い
  • ビットコイン
  • ネット銀行
  • ペイジー

 

ビットコインをカードにチャージして使えるのがポイントです
他のバーチャルカード、アプリ決済ではビットコイン連携ができません

チャージの方法は簡単で、アプリのチャージボタンを押してそれぞれの方法で入金するだけです

1度にチャージできる金額は3万円まで
月に12万円までとなっています

3.後払い「ポチっとチャージ」

バンドルカードではポチっとチャージが可能です

ポチっとチャージとは後払いでバーチャルカードにお金をチャージすることができる機能です

翌月末までの後払いなので、チャージ時に手持ちのお金がなかったとしてもチャージすることができます

「ポチっとチャージ」は1回につき3,000円~2万円を何回でも申込み可能です

*ただし手数料が500~800円かかるので注意してください

4.アプリで履歴が確認できる

バンドルカード 履歴

クレジットカードでは詳しい履歴が確認できなかったりしますが、バンドルカードなら使って直ぐに履歴が反映されます

ポップアップ通知も設定できます

身に覚えのない利用もすぐに発見できます

5.リアルカードも発行できる

バンドルカード リアルカード

バンドルカードはリアルカードとして発行することもできます

リアルカードとは、ネットサービスだけでなく実店舗でも使えるカードのことです

カードは300円で発行できます

600円出せばリアルカード+も選べます
こちらはチャージ金額上限なしで宿泊施設や海外でも使えます

リアルカードは住所を指定したら1週間ほどで家に届きます

リアルなお店で使いたいけれど、クレジットカードは作れない…という人は発行するといいでしょう

バンドルカード:誰でも作れるVisaプリペイドカードアプリ

バンドルカード:誰でも作れるVisaプリペイドカードアプリ

Kanmu, Inc.無料posted withアプリーチ

 

バンドルカードの1つのデメリット

  • 使えないネットサービスが多い
  • 4か月以上使わないでいると維持費がかかる←廃止!

1.使えないネットサービスが多い

バンドルカードは全てのネットサービスで使えるわけではありません

Amazonなどでは使えますが、VISA加盟店でも使えないサービスサイトがあります

以下のサイトはそもそもプリペイドカード自体が使えないサービスだったりします

・Yahoo!ウォレット
・ツタヤディスカス
・U-Next
・ニコニコプレミアム
・コミックシーモア
・GMO-PG
・タニタ
・クックパッド
・サミーネットワークス
・HULU
・カドカワDC
・アクトビラ
・ツタヤディスカス
・バンダイチャンネル
・LINE PAY ※iTunes経由でのお支払は可能です
・ツタヤTV
・ニコニコチャンネル
・FC2
・LINE ※iTunes経由でのお支払は可能です
・DMM
・PIXIV
・楽天コミュニケーションズ
・リンクライフ
・ディズニーランドホテル
・DTI
・asahiネット
・アメーバなど

2.維持費がかかる

今までは4か月以上使用しなかった場合100円が手数料として引かれていましたが、このシステムは廃止されました!

なので長期的に使いやすいカードとなりました

バンドルカード(アプリ)を実際に使ってみた

登録方法

バンドルカードを使うには無料公式アプリをダウンロードする必要があります

カード作成もアプリで済みます
所要時間は1分ほど

ユーザーID,パスワード、生年月日、電話番号を入力するだけです

登録確認に携帯のSMS機能を使うので、格安SIMでSMSがない方はカードを作れません

 

チャージをする

今回はファミリーマートでチャージをしてみました

チャージボタンを押して、コンビニを選択
コンビニ欄からファミマを選択

チャージリクエストを作成で、いくら入金するか決めて、表示されるバーコードを店員に見せます
他のお会計とは一緒にできないので、別会計をします
レシートと一緒に、取り扱い兼受領書を貰います

 

すぐには反映されず、10分ほど待つとアプリで入金完了が表示されました

Amazonでの使い方

次に例としてAmazonの支払いでバンドルカードを使ってみます

購入前にお支払い情報追加で名義人、カード番号、有効期限を入力

注文確定ボタンを押すと、注文完了です

残高が足りない場合は決済できません
先にチャージをしておきましょう

バンドルカードのまとめ

  • バンドルカードはプリペイド式の決済アプリ
  • 審査不要・無料で作れる
  • VISA加盟店で使える

バンドルカードでは、チャージした金額以上のお買い物はできません

クレジットカードは使いすぎてしまう、クレジットカードを作れない学生にはぴったりのサービスです

作成は無料ですし1分で済むのでぜひ気軽にアプリをダウンロードして、カードを作成してみてくださいね

バンドルカード:誰でも作れるVisaプリペイドカードアプリ

バンドルカード:誰でも作れるVisaプリペイドカードアプリ

Kanmu, Inc.無料posted withアプリーチ