ガジェット・便利グッズ

生産性があがる高級キーボード8選 [有線・ワイヤレス]

今はやりの高級キーボード。

指にかかる負担が少なく、長時間使用してもストレスのかからないキーボードを使えば生産性が上がること間違いなし!

今回はパソコンを長時間使用する人向けの、評価が高い高級キーボードを8つ紹介します。

どれもAmazonか楽天で購入できます。
ちょっとお高いキーボードばかりですが、疲れやストレスを軽減するための投資だと考えるとお安いと思います。




高級キーボードを使用するメリット

パソコンを長時間利用することが多い現代人。

ゲームをしたり画像を編集したり、仕事でもプライベートでもパソコンを操作する事って多いですよね。

パソコンを購入するときディスプレイの解像度、大きさ、OS、スペックなどに注目する人は多いですが、キーボードに目を向ける人はそう多くはありません。

 

高価なパソコンを購入してもキーボードは3000円~5000円代の物を選ぶ人がほとんどです。(これは通販の売れ筋ランキングを調べれば分かります)

 

しかしキーボードは人によってはマウスよりも触れる時間が長い物です。

安価な製品を使用していると、指への負担が累積していき、肩こりにも繋がります。

だからパソコンを長時間使用する人こそ、良いキーボードを選ぶべきなんです。

パソコンを使っていると肩がこる、姿勢が悪くなる、手首が痛いと感じる人は自分が使っているキーボードを見直してみてください。

おすすめ高級キーボード 有線

SteelSeries Apex M500 JP 64495 10,602円

 

50万回の耐久性を誇るキーボード

使い続けても未使用品のようなキー入力の感触を味わうことができます。

ゲーミング向けですが、はではでしい見た目ではなくどちらかというとシンプルな造りです。

激しく打ち込むこともできますし、優しくタッチするように打つこともできます。

カチカチ音がするのはいやだ、キーは軽くもなく重くもない方が良い人にぴったりのキーボードです!

 

スコスコした感触でいい感じです。スペースと左シフト、エンターはキーが大きいためにカシャカシャした押し心地になっていますが、全体的にはかなり良いです

 

東プレ R2TL-JP4-BK 21,384円

日本製のキーボード。ケーブルの長さは1.5m。

東プレのキーボードは人間工学を考慮し、入力時の静かさや抜群のキータッチを実現しています。

長時間の使用でも疲れにくく、金融機関、計算センターでのデータ入力、流通、交通、医療、様々な用途で使用されています。

確実に良いキーボードが欲しい人、静かなタッチ音が良い人、長時間キーボードを打つ人におすすめです。

Amazonでの評価がとても高く、2万円台のキーボードの中でも特におすすめの製品です。

 

Corsair K70 18,025円

高速な打鍵が可能なキーボード

キー荷重は45gと軽め。

邪魔にならない位置にあるUSBパススルーポートや、着脱可能なリストレストも便利です。耐久性にも優れ、オーディオの調整も楽々。

とにかくスピード重視な人、浅く軽いキーの感触が好きな人におすすめです。

あまりにも軽すぎて触れただけで反応することがありますが、慣れれば今までのキーボードが何だったんだろうとさえ思います

ARCHISS ProgresTouch 10,290円

高級万年筆のインクが白い紙に心地よく字を染めるように、アーキスのキーボードは上質な打ち心地で文字を入力します。

極上のシンプルを目指したキーボードです。

テンキーが省かれているので、デスクが広く使えます。人間工学に基づいたアーチ状をしており、キーボード全体に指が届きやすい形状です。

指にかかる負担を最低限に抑え、どのキーも押しやすいように、段差がつけられています。

 

打鍵時の反発感が手に優しく、まさに好みでした。
全体的にキータッチの感覚は重いです

 

おすすめ高級キーボード 無線

ロジクール G613 ワイヤレス 11,177円

無線遅延の無いワイヤレスメカニカルゲーミングキーボード。

スマートフォン スタンド付き。

手首のストレスや疲れを軽減する、一体型のパームレストを装備しています。

故に少し大きめ。デスクにスペースがある人向けです。

デバイス2台の同時接続も可能。(ボタンを押して2種類の接続を簡単に切り替えられます)

 

非Bluetoothの無線のキーボードが欲しかったので満足です。想像していたより打鍵音が大きいです

 

マイクロソフトAES L5V-00030 11,442円

 

分割キーボード レイアウトは手首と前腕を無理のない位置に保ち、クッション付きのパーム レストで手首を保護します。

自然にタイピングできる曲線レイアウト採用。

キーボード自体が大きく、エンターキーが少々押しづらいです。

配置に慣れると手首が楽になり、長時間使用しても疲れにくくなります

キーボード使用による痛みをなくしたい人におすすめです。

 

1日PCに向かうことが多く、今までのキーボードでは手首が痛く腱鞘炎になりかけていましたが、こちらの商品を使うようになり手首の痛みも軽減しました。

 

LANCERTECH  15,999円

USBポート(有線)・Bluetooth4.0ワイヤレス(無線)両方に対応。

複数のキーを同時に押しても衝突しません。Dupont製シリコンキャップを採用して、長時間の使用でも疲れにくく耐久性にも優れています。

テンキーがないので、コンパクトでBluetooth対応、静電容量無接点方式のキーボードが良い人におすすめです。

(静電容量無接点方式のキーボードは、滑らかなキータッチで、劣化がほとんどなく、耐久性に優れていいます。スコスコと比較的軽いキータッチの製品が多いです)

 

多機能であり、コストパフォーマンス面でもかなり優秀な製品です。
Bluetooth機能付きでテンキーレス、フルサイズのキーボードが選べる、静電容量無接点方式のキーボードは現時点ではかなり少なく、この価格帯で日本で買える製品となるとほぼこれ一択です。

ロジクール KX1000s 19,236円

 

高品質な素材を採用し、プレミアムで精確なタイピングを実現するbluetoothキーボード。

キーボードの左上にクリエイティブ入力ダイヤルを装備。

ダイヤルを使用すれば、作業しているアプリを自動認識して必要なツールメニューを作業画面上に表示するので、簡単に必要なメニューにアクセスできます。

 

強くたたかなければタイピング音は発生しません。Mac/Windows OS 双方に対応。

 

MacとWinを切替えて使用しているので、両方のOSで快適に使用できるキーボードを探していました。キー配置に慣れていけば更に快適に使えるかも。

まとめ

 

以上がおすすめの高級キーボード8選でした!

値段が高いものばかりですが、それだけの価値がある製品ばかりです。

自分にあった高性能なキーボードを選ぶことで、疲れが軽減したり、生産性の向上が期待できるので、コレを機に新しいキーボードを試してみてはどうでしょうか?

総合的にみた1番のおすすめはLANCERTECHのキーボードです
評価が高くUSB,Bluetooth接続ができる点がイチオシポイントです!